[ 徳島市蔵本町 ]

town cafe 純喫茶 林 (タウンカフェ ジュンキッサ ハヤシ)

town cafe 林_店内

蔵本にある人気の老舗喫茶店。

蔵本駅前、数多くの喫茶店がひしめく中に、「town cafe  純喫茶 林」はある。1964(昭和39年)創業と、この辺りでは最も古い。オープンテラスもあり、店内は学生さんをはじめ幅広い年齢層のお客さんが訪れ、活気に溢れている。何回かお邪魔するうち感じたのは、なんといっても居心地の良さ。テキパキと仕事をこなし、「行ってらっしゃい」と送り出してくれるマスター。ほどよい距離感と安心感が“また来たい”と思わせる理由のひとつであることは間違いない。
よほど居心地がいいのだろう、モーニング時などは、多くの常連さんと思われるお客さんがゆったりとコーヒーを楽しんでいる。パンも美味しいと評判で、店頭で販売もしているほど。モーニングのトーストはふんわりとして甘みがあり、コーヒーによくあう。

蔵清水珈琲コーヒーは、当時から変わらないアルコールランプでのサイフォン点て。今はあまり見かけないスタイルだが、それもマスターの“ものづくり”に対するこだわりのひとつ。アルコールランプはガスに比べると時間がかかるが、そのぶんコクが出るのだそう。
「お客さんの会話の邪魔にならないコーヒーを心がけて作っている。」とマスター。“主張するコーヒー”を出す店が多い中、“寄り添うようなコーヒー”をあえて出すところにマスターのこだわりと経験を感じる。それが長年支持され続けている理由なのかもしれない。

現在にいたるまで

創業者の林 正氏(大正7年生まれ)は、もともとUCC上島珈琲の初代、上島忠雄氏の運転手をしていたが、その後広島支店の支店長を任される。徳島に支店ができるのにともない正氏も徳島に帰ってくるが、徳島にはまだ喫茶店が数少なかったことから、徳島支店在任よりも独立を希望し、純喫茶の店を開く。徳島にミックスジュースを広めたのも、神戸や広島で経験を積んでいた正氏であるとも言われている。

1987(昭和53年)二代目林 幸雄氏が24歳で店を引き継ぐ。喫茶店が増えてきた頃、徳島でいち早くクラブサンドを取り入れるなど、注目を浴びた。しかし、焙煎のプロであった父親から喫茶を学んだ幸雄氏も、33歳の時、ブラジルの冷害の影響で豆がガラッと変わり、今までのやり方が通用しなくなるという経験をする。自信を失いかけ、試行錯誤を繰り返す中、自分なりの一定の味を確立するための目安としたのが“3・5・2”の哲学。この数字はお客さんからのコーヒーに対する評価の割合で、3(おいしい)・5(当たり前)・2(合わない)というもの。万人に美味しいと評価されることにとらわれすぎず、この苦難を乗り越えたことで得られたものは大きかったという。それは「いかなる状況下においても常においしく、手を抜いたものは出さない」という現在のポリシーにもつながっている。

★★★学生さんにおすすめ!「今日の夜ごはん」始まってます★★★
トンカツなど日替りのメインのおかずに、サラダ・スープ・パスタ・ライスがワンプレートになった「今日の夜ごはん」。800~900円(金額は日替りのおかずによって変わります)で、おいしくてお腹いっぱいになると好評です。当店では今注目の岡山名物”デミカツ丼”(サラダ・スープ付)850円も人気メニューのひとつです。
オーダーストップは20:00まで。

マンゴーフェアメニュー

マンゴーフェアメニュー

かき氷・氷パフェメニュー

かき氷・氷パフェメニュー

アップルフレンチトースト

アップルフレンチトースト

オープンテラス

9月オープンテラス

town cafe  林_店内

店内

オープンテラス

4・5・9月の天気のよい日はオープンテラスに。

 

店舗のあゆみ

店舗創業者  林 正

1964(昭和39)年 林 正(大正7年生まれ)純喫茶 林を創業。
1986(昭和61)年 18歳から店を手伝っていた二代目 林幸雄が引き継ぐ。
2008(平成20)年 店舗改装リニューアルオープン。